toggle
日本の住宅の平均寿命はわずか30年と言われています。
家そのものの耐久性の問題もありますが、
生活の変化で使いにくくなってしまうことも原因のようです。
このように建てて壊すを繰り返すことでわたしたちは次世代に何を残すでしょうか。
資源はなくなり、処分に困るゴミも増えるばかりです。
「木組みの家」は、釘や金物にたよらずに木と木を組むことで高い耐久性を得られる工法です。
組んだ順序と反対に梁や柱をはずしていくことで
材料の再利用はもちろん、建物ごと移築・再生することも可能にします。
再生可能な木という素材を大切に使わせていただき
生活の変化に対応できるように家をつくることで
長く大切に、子や孫の世代にまで引き継ぐことができます。
建物の物質的価値だけではなく、『ものをたいせつにつかう』という
日本人の心もつないでいくことを目的とします。
木組みの家は、完成後に柱や梁が隠れることはほとんどありません。
むき出しの素材は空気や湿気を吸ったり放ったりと呼吸しています。
床板や壁や天井に使われる素材も、できるかぎり自然素材を使います。
現代の工法に合わせて建材を使用する場合も、素材の透湿性能、吸放湿性能を大切に考えます。
間取りにも太陽の光や風といった自然の恩恵を利用して
快適な住まいをつくるのが日本の家づくりの基本です。
温度変化を緩やかにし、湿度を一定に保つことで
夏すずしく、冬あたたかい、空気の澄んだ空間を得られます。
機械設備に依存するのではなく、あくまで快適な生活の補助として考え
なによりも自然素材の良さを生かすことで「呼吸する家」ができあがります。
現代の家づくりはずいぶんとスピーディーになりました。
品質の安定、工期短縮、コスト削減といった恩恵も受けながらも
その一方で、大工や左官職人の高い技術も必要とされなくなりました。
木組みの家は職人たちが手づくりでつくります。
単なる懐古趣味ではなく、機械ではできない部分を手仕事で仕上げていきます。
職人の目と手で数千分の一ミリの精度を確かめながら、
100年後の建物の姿を見据えて、素材と向き合っていきます。
「構造あらわし」といって、完成後も柱や梁が見える構造は
もしもの時の不具合や致命的な腐食を見つけやすいメリットもあり、
つくり手からすると、ごまかしのきかない家でもあります。
その為、職人たちは必然的に技能を磨き、魂を込めて
住まい手の心地よさを追求するようになります。
木組みの家は、失われかけている「職人たちの誇り」をとりもどします。
「耐震性能」。これから安心、安全な住まいを手に入れたい
という方々にはとても気になる言葉でしょう。
日本には「法隆寺」のように、築1000年以上の木造建築物が存在しています。
この地震の多い国で、世界的にも類をみないほどの
木造の長い歴史を支えているのが、建物の耐震性です。
耐震性には、「剛構造」と「柔構造」というふたつの考え方があります。
現代の木造住宅では剛構造という考え方を基本にしています。
釘や金物、または筋交いや火打ち梁といった部材で柱や梁を強固に固め
地震や台風といった自然の力に抵抗して建物の倒壊を防ぐというものです。
これは、明治維新以降に欧米より日本に入ってきた技術で
戦後の焼け野原を復興するため簡易的に建物の強度が得られる工法を優先した流れもあり、
現在まで広く普及しています。
それ以前の日本の家、つまり伝統的工法では「柔構造」といって
人知を超える自然の力に抵抗するのではなく、
やなぎの木のように柔らかくしなやかに力を受け流し、
力を分散させるという考え方の構造でした。
数値では測れない、現代科学の視点では不完全な「木」という素材同士を組み合わせて、
すべての部材が組まれた「総持ち」という状態になると、
建物は揺れ動いても元の形に戻る力がはたらきます。
こうして数百年、千年と日本の木造の歴史を支えてきた「柔構造」の考え方を、
木組みの家では取り入れています。
『木組みは人組み』
法隆寺宮大工・故西岡常一棟梁のお言葉です。
西岡氏いわく、木も人も、一本一本、一人一人に個性があり
その「癖」とよばれる個性を嫌うことなく適材適所にうまく組み合わせることが大切だと。
癖のない真っ直ぐな木の方が扱いやすいのは当たり前ですが
自然の山で育つ木は真っ直ぐに成長した木ばかりではありません。
こちらの都合で、真っ直ぐな木ばかりを集めていたら
癖のある木は価値がないと捨てられ、資源は足りなくなるばかりです。
そもそも木の癖というのは、
厳しい環境でも力強く生き抜いてきた証であり
山の斜面で根強く育ち、強風にさらされながらも踏ん張りそこで耐えてきたからこそ、
ねじれたり曲がったりといった形になるものです。
そうした癖のある木は、日当たりがよく、
平らな土地で真っ直ぐにすくすく伸びた木よりも強い生命力があり
左にねじれる木と、右にねじれる木を組み合わせることで歪みをふせぎ、
時間が経つとともに締め合い、ますます建物を強固にします。
これが『木組み』です。
木を人に置き換えると、現代の学校や企業での人材教育にも通じるお話です。
個性を尊重する時代と言われて久しいですが、
こどもたちを画一的に教育し
ひとりひとりの個性を矯正しようとする場面が多いように感じられます。
個人の「癖」とよばれる能力を切り捨てるのではなく、
最大限に活かすことできる場所に導いてあげることが大切です。
木組みの家は、家を建てることを通じて
人も一緒に成長していく、人が家に育ててもらうことを可能にします。
日本の家は、その土地の気候風土に合わせて最適なつくり方をします。
百数十年前に本州から北海道に移り住んだ人々は、
それぞれの地域の家づくりを北海道に持ち込みました。
しかし、本州と北海道では夏も冬も気候条件が違いすぎたようです。
当時のまま受け継がれている住まいはほとんど見受けられません。
本州のつくり方では、特に冬の寒さに耐えられなかったのです。
その為、「日本の伝統的な家づくり=寒い」とのイメージが
現在でも北海道民には根強く残っていることでしょう。
伝統的構法と寒冷地仕様の住宅建築思想には、
どうしても相反する考え方が出てきしまうという事実があります。
「伝統」を重んじることで、結果「寒い家」ができてしまうことはあり得ます。
そこで、わたしたちの木組みの家は、伝統的な木構造にくわえて
高い断熱性能も備えた「寒冷地型伝統構法」を追求しています。
これを実現するためには、バランス感覚がとても大切になります。
伝統技術と現代技術のバランス。構造と断熱性能のバランス。
つくり手の思いと住まい手のニーズのバランス。
すべてのバランスをとり、
北海道に「木組みの家」という新しい価値を広げていきます。
  • ■構造:
  • 木造伝統工法(手刻み)
大工が一本一本の材の癖を読み取り、適材適所の言葉通りに墨付け、刻みを行うことで高い耐久性を得られます。
  • ■木材:
  • 構造材=カラマツ無垢材(柱120mm角)
    造作材=エゾマツ、トドマツ、スプルース
道産材及び国産材を優先して使用しますが、
場合によっては外国産の長尺物の材も利用することもあります。
  • ■基礎:
  • 基礎断熱工法(スカート断熱)
極寒期における床下空間の安定的な温度、湿度を保つために
基礎断熱工法を採用しています。
  • ■屋根:
  • ガルバリウム鋼板葺き
    石州瓦葺き
一般的にはガルバリウム鋼板で葺きます。 石州島根の耐寒性のある「いぶし瓦」で仕上げることも可能です。瓦は意匠的にも優れていますが、半永久的な耐久性も魅力です。 いずれも場合も屋根の役割は、建物を風雨から守ることですので軒は可能な限り深く出し、外壁の経年劣化を防ぎたいと考えます。
  • ■外壁:
  • 塗り壁(ダイライト+DAN壁+エコサーム)
    板張り(ダイライト+胴縁+カラマツor道産杉)
外壁の仕上げは、付加断熱材に左官仕上げの塗り壁と無垢板張りを基本仕様とし、金属や窯業サイディングは使用しません。
  • ■内壁:
  • 塗り壁(しっくい、シラス壁、珪藻土等)
    紙クロス(和紙、オガファーザー等)
直接手に触れることの多い内壁については自然素材で仕上げます。
  • ■床材:
  • カラマツ無垢板
厚さ30mmのカラマツ無垢板を張ります。内壁と同様、直接触れるところなので無垢材が好ましいと考えます。
  • ■天井:
  • 1階=2階床板あらわしor紙クロスor葦ベニヤ
    2階=野地板あらわし(カラマツ無垢板)or紙クロスor葦ベニヤ
天井は基本的に、上階の床板か野地板のあらわしです。その他の部分も自然素材で仕上げます。
  • ■建具:
  • 無垢材(エゾマツ、スプルース)を使用した造作建具
建具は日常生活で手に触れることが最も多く意匠的にも大切な部位です。既製品は使用せず、職人さんの手仕事で製作したものを採用します。
  • ■窓 :
  • 樹脂製サッシor木製サッシ
通常は断熱性能の高い樹脂製サッシを使います。こだわりすぎると建築価格が高騰する部分です。採光、通風を確保できて断熱性能がある程度高ければ現実的な価格のものを使います。
  • ■塗装:
  • 外部 柿渋orウッドロングエコ
    内部 米ぬかワックスorリボスウッドオイルor蜜蝋ワックス
塗料も自然素材のものを選びます。無垢材や自然素材は経年変化がつきものです。いつまでも新しくピカピカに保とうとするのは不自然と考えますので化学塗料は採用しません。
  • ■断熱:
  • 基礎 押出法ポリスチレンフォーム75mm
    内壁 セルローズファイバー100mm
    外壁 ビーズ法ポリスチレンフォーム50mm
    屋根 ビーズ法ポリスチレンフォーム100mm
外断熱を基本とし、壁に関しては内壁充填+付加断熱としています。120角の柱で内部は真壁とするので充填部分は100mmとなります。断熱材の透湿、吸放湿性能を重視した採用としています。断熱仕様の数値(Q値・U値)などよりも、人の感性で心地よいと思える空間をなにより大切に考えます。